任意整理のメリットとデメリットはここ

任意整理のメリットとデメリットはここ

任意整理の手続きをし、弁護士さんに御願いすれば和解が成立するまでの間、取り立てがストップします。しかも、その状況によっては借金が減額されたり残高がゼロとなり解消することもあります。

 

特にそれ以上の長期にわたって払ってきた借金は過払い金の返却さえ期待ができます。
しかも、利息そのものがなくなるといったケースも多くみられるため、負担が相当減っていきます。

 

その上、自己破産などの処理とは異なり裁判所を使わないので、資料集めといった面倒がないのでとてもく手続きが簡単に済ませることが出来ます。
もちろん、通常であれば任意整理を行ったという事実も人に知られずにすみます。

 

他にも例えば高利息の業者のみを狙い撃つといった方法も可能です。

 

特に取引期間が長期の業者ですと過払い金が発生している可能性がかなりあります。

 

ただ、この任意整理はあくまでも総額の減額が目的ですから法律に照らし合わせた上で問題がない以上、元金の返却は実行する必要があります。
従って、借金の帳消しを考えるのであれば、この方法では無理です。もちろん、この整理を行うことで信用情報機関での事故情報といった扱いとなるので、以降は借入といったことは最低7年はできないといったデメリットがあります。