どういう人が競売の対象者になるのか?

どういう人が競売の対象者になるのか?

 これまで任意売却や競売について、今回はどのような人が競売の対象者になってしまうのかと、検証したいと思います。

 

 

 競売とは住宅ローンなどを滞納し続けて、担当業者などから警告が出されても何の対処もしなかった場合に、その家・マンションが競売にかけられてしまうのです。つまり、郵便などで警告がされた時点で、何らかの対処をすれば持ち家が競売にかけられる可能性は、かなり低くなります。確か住宅ローンに関する問題は私たち一般人にはわかりづらいので、実際にそのような通知が届いたらどうしたら良いか迷う方も多いかと思います。でも、そこで何にも対処をしないのではなく、その通知が来た段階で任意売却などを行う冷静な判断が必要になってくるのです。

 

 つまり結論としては、もちろん住宅ローンを滞納したいのがベストなのですが、もし滞納してしまい警告の通知が届いてしまった場合には、すぐに専門家の方に相談をされるの一番良い選択かと思います。