個人再生と自己破産の違いは何か?

個人再生と自己破産の違いは何か?

  これまで様々な住宅ローン返済方法について紹介をしてきましたが、その数も多くなり少し混乱してしまった方もいるかもしれません。そこで、「個人再生」と「自己破産の」をそれぞれ比較していきたいと思います。

 

 まずは「個人再生」についてですが、将来的に得られる収入を得られる見込みがある際に、3年間の返済義務を負うことによる一つの住宅ローン返済方法です。「個人再生」の大きな特徴としましては、マイホームをそのまま残すことが出来るという点にあります。

 

 それに対して「自己破産」ですが、住宅ローンなどの借金の額が多くなりすぎて、もう自分自身の力ではどうすることも出来ないといった状況の時に、この「自己破産」を利用する方がいます。一番の特徴としましては、住宅ローンなどを滞納していた際に行われる取り立てが無くなるということにあります。やはり、取り立てを行われると精神的にも非常にマイナスになってしまいますので、その取り立てが無くなるということは大きなポイントになると思います。

 

 上記ではプラスの面を紹介しましたが、共通のデメリットとして一定期間内は金融機関から借り入れが不可能になる、などのこともあります。ですので、「個人再生」と「自己破産」のどちらが良いかは状況によって異なってきますので、今回はあくまでもこの2点の比較というテーマの物であると認識したうえで、この記事を参考にしてみてください。