任意売却しても残るローンとは?

 任意売却しても残るローンとは?

 任意売却をしてもローン返済額を全額返済出来ないケースがあるかもしれません。そのようなケースのときは、残りのローンはどうなるのでしょうか?

 

 これは、任意売却をしてもローンが全額返済できない場合は、残りのローン額を返済する必要があります。

 

 

たまに任意売却をすればローンがすべて返済されると誤解される方がいるのですが、そうではありませんのでその辺りはご理解ください。

具体例

ここで例を挙げますと、ローン残高が2000万あったと仮定しまして、任意売却で1500万の金額で家が売れたと仮定します。

 

この場合は、2000-1500=500万のローンが残る計算になります。ですので、任意売却後でも、この500万のローンを返済義務がまだ残っています。

 

 とは言っても、マイホームを失った直後に売却前の月々のローン返済額を返済させるのはあまりに酷なので、その後のローン返済金額に少しずつ返済するというシステムがあります。

 

通常の場合ですと、500万もの返済がある場合はすぐに返済をしなければならないのですが、任意売却でマイホームを失ったものにすぐに返済させるのは、現実的に不可能といえるので、月々1万〜3万といった本当に少しずつの返済プランになります。

 

上記で挙げたように、任意売却後にローンがまだ残っていた場合は、一気に返済させるのではなく現実的な金額で少しずつ返済させいきましょう。