任意売却の注意点

任意売却の注意点

住宅ローンの支払が苦しくなった場合、任意売却の方法でマイホームを売却してローンを完済してしまう方法があります。

 

本当に支払が苦しくなり、支払遅延を起こすと競売にかけられる可能性があります。

 

金額も安くなり、否応なしに立ち退きを迫られることもあり、非常に不利な条件での売却を強いられます。

 

そのため競売になることは極力避ける必要があります。

 

とはいえ、任意売却もいいことばかりではなく、気を付けるべき点もあります。

無料相談がお勧め

銀行に相談に行くと不動産屋さんなどを紹介してくれるのですが、大抵銀行の言いなりになるため、自分にとっては不利な条件での売却を強いられます。

 

つまり不当に安い金額で売却させられることとなることが多いのです。通常は要求していない連帯保証人を要求されることもありますので、任意整理を専門にしている弁護士や不動産屋にまず相談することがコツです。

 

取引が長い銀行であっても、返済が滞るという相談をした瞬間に態度が変わるという点は覚えておくべきでしょう。

 

任意売却の際は、このように銀行とのつながりがない人に仲介を依頼する必要があります。

 

そのような方法で任意売却を進めれば、銀行も真剣勝負で交渉に臨まざるを得なくなるためです。