小規模個人再生を利用すると次のローンは組めない?

個人再生を利用すると次にローンは組めない?

個人再生を利用するという時点を分けて考えてみますと、再生の申し立てをする前に借りたローンは全て再生計画に組み込まれると考えるのが一般的です。
つまり再生計画を申し立てようとしながら借り入れを行うことは、返済できないことが分かっていながら借りることになるため、最悪、詐欺等に問われることもありうるということです。

 

 

次に再生計画が認可された後、再生計画完了までの間について、お金を借りてはいけない、またはローンを組んではいけないという法律的な要件はありません。
他の事情と相まって何がしかの判断がされる可能性は否定できませんが、基本的には貸し手くれる人がいるのであれば借りることは問題ありません。

 

ただ、貸してくれる人がいるのか、は大問題で通常は個人再生を行っている事実が官報で公告され信用情報機関に登録されている(ブラックリストに載っている、というやつです)ため、サラ金等でも貸してもらえないのが普通かと思います。

 

最後に再生計画の完了後ですが、こちらも法的に問題なくローンを組むことができます。
ブラックリストには完了後も一定期間、情報が残りますが、その情報を元にローン会社が貸付の是非を判断するため、貸してもらえるケースもあれば、もらえないケースもあります。